さくらむすび

さくらむすび
さくらむすび

メーカー:CUFFS(カフス)
原画:☆画野朗

僕には、両親がいない。そのことに気づいたのは、物心ついてしばらく経ってからのことだった。
僕の側には桜がいて紅葉がいて、養ってくれる大人たちもいて。それで、何もおかしいことなんてない。そう思っていた。
だから両親が事故で他界しているのだ、ということを理解した際も、特に衝撃を受けたという記憶がない。どうしたって、僕にとっての両親は、ここまで僕を育ててくれた二人でしかありえなかったから。
けれども…どうして僕と桜が別々の家に引き取られたのか。そのことだけは、とても疑問に思っていた。
子供を一人養うということがどれだけ困難であるか。当時は、それを想像することすらできなくて…幼い日の僕たちにとって、それはただ理不尽な話でしかありえなかった。
どうして兄妹が離れて暮らさなければいけないのか。この世界には神様だとか魔法だとか、何かしら目に見えない大きな力があって。それが僕たちから両親を奪い、そして今度は妹までをも奪おうとしているんじゃないか?
そんな幼い考えに囚われていた、あの頃。
僕は確かに子供で…自分一人ではなんにもできなくて…
ただ、桜の実の兄であること。それが、幼い僕の精一杯だった。
だから――早く大人になって、僕が桜を守るんだ、と…僕だけはずっと桜の側にいてあげるんだ、と…
あれから、ずいぶんな時が流れ数ヶ月後には卒業し、真剣に将来を見据えなければならないこの時になっても
しかし僕は、未だ子供のまま――
いつかの幼い誓いを、果たすことができずにいる
複数の女の子がオシッコをオモラシしたり放尿するシーンが多数。

桐山 桜と言う妹が服を脱いで、男に身体を抱かれながら身体を弄られて、男の足の上でレモン色の水玉女児パンツを穿いたままオシッコをお漏らし、クロッチ部分を濡らして薄黄色い小便を垂れ零してしまったり、
部屋の中で男にパンツの中を探られた女の子が立ったままおしっこをオモラシしてしまうシーンがあり。