【飴ゴムオムツカバーで着衣排便する女子高生の姉妹】いもうとの浣腸 哀しい姉妹の切ないお浣腸純愛物語

いもうとの浣腸 哀しい姉妹の切ないお浣腸愛物語

メーカー:三和出版
レーベル:三和出版

三和出版

女優:雪乃あさ美・このみゆいか
監督:町野ヒカル

おねえちゃん、おなかがくるしいから、またお浣腸してくれる?

幼い頃に両親を亡くし、親戚中をたらい回しにされていた久美と麻衣の二人姉妹。どこの親戚も姉妹の面倒を見るのを嫌がり、とうとう二人は最後の頼みである叔母の家に身を寄せることになった。
しかし叔母は姉妹にとても厳しく、満足な食事すら与えようとしない。二人は食生活の偏りやストレスで、重度の便秘症になってしまう。妹が便秘になれば姉が、姉がそうなら妹が、互いにちいさな体を寄せ合い、うろ覚えの知識をもとに、いちじく浣腸を施しあう日々――。
やがて幼い姉妹は、いくら浣腸をしても腹痛が治まらないという重篤な状態に陥ってしまう。二人を診察した医師は叔母に告げる。
『彼女たちは不治の病に侵されています……すぐにでも入院して、精密検査が必要です』
その夜、おむつをあてられ、病苦に疲れ果てて昏々と眠り続ける姉妹の枕元に、一人の女性が現れる。何とそれは、ずっと昔に死んだはずの母親であった……。

悲しい姉妹の切ないお浣腸愛
こんなにつらくて苦しいお浣腸しか知らないまま、あたしたちは死んでしまうの?神さまなんていないんだ。きっと…
「おかあさんの浣腸」姉妹編のエネマ・ドラマ、遂に完成!70分
継母によるいじめのストレスで便秘がちだった姉妹は、かつて実母にしてもらった優しい浣腸の記憶をたどり、見よう見まねで互いに浣腸をほどこしあう。
ある日、いつものように姉がいもうとに浣腸すると、腹痛をうったえるばかりで深刻な事態をまねいてしまう。
どうしていいのかわからず、うろたえる姉。
苦しみもがく、幼い妹。
「おかあさんの浣腸」シリーズ姉妹編として、お楽しみください。

薄倖な姉妹が紡ぐ浣腸愛の抒情詩。
前作「おかあさんの浣腸」姉妹編のエネマ・ドラマ、遂に完成。

幼い頃に両親を亡くし、叔母の家に身を寄せることになった姉妹。
しかし叔母は姉妹にとても厳しかった。
2人は食事の偏りやストレスで、重度の便秘症になってしまう。
互いに小さな体を寄せ合い、うろ覚えの知識をもとに、いちじく浣腸を施しあう。
やがて姉妹は、いくら浣腸しても腹痛が治まらないとうい重篤な状態に陥ってしまう。
苦痛に疲れ果てて昏々と眠り続ける姉妹の枕元に、ずっと昔に死んだはずの母親が現れる。

いもうとの浣腸 哀しい姉妹の切ないお浣腸愛物語

セーラー服姿の女子高生が布おしめと生ゴムオムツカバーを穿いたまま下痢便をお漏らし、裏地に茶色い泥状便を広げてしまったり、
床に四つん這いになったままお尻を向けて薄いピンク色のパンツを穿いたまま着衣脱糞、お尻の真ん中を盛り上げて茶色い軟便を裾から垂れ落として、前部分まで茶色い染みを浮かべたり、
床に膝立ちになって白い綿パンツを穿いたまま着衣失禁と同時に着衣排泄、クロッチ部分から小便を垂れ零して、お尻の谷間に沿って茶色い染みを広げたり、
シリンダー浣腸させられた後姉妹一緒に布おしめと生ゴム製オムツカバーを着用したまま同時に着衣排便してしまい、お尻をずり下げるスカトロシーンがあり。

いもうとの浣腸 哀しい姉妹の切ないお浣腸愛物語DUGAで動画本編を高画質で見る

三和出版
おむつ、おもらし、おねしょ、お浣腸を多く取り扱っている「三和出版」レーベルも幅広く取り扱っている「duga」はインディーズAVの品揃えが抜群なのでオススメ!
「duga」への無料会員登録はコチラ。