【吊るされたまま麻紐を解けず白スク水にウンチを漏らす羽目に】影狼

影狼

エロゲメーカー:縁 -yukari-
原画:浅賀葵

くらいくらい夜の闇、村を白い霧が包む時。
狼の遠吠えが聞こえ、人々はお互いに争いあう。

ひとり、またひとり。

村人は霧の住人となっていく。
やがて村を包む霧が晴れる時、村には誰も残らない。
誰も、一人も……残らない。

――村に住む女性、ペティは数年前に両親を亡くしていた。
家無き子として村にいる豪商の家に引き取られたが、その家では虐待される日々。
救いのない日常を繰り返す中で、ペティは村全体に対しての憎しみを抱くようになる。

「ねぇ、霧に包まれた村の話って知ってる?」

ある日、ペティの前に差し出された救いの手。
その手を差し出した女性、レミィは自身を大神の使徒と名乗った。

大神の使徒は、その神通力によって世界の理をねじ曲げる、魔法を使う事が出来る。
しかしその対価として、供物として人々の命を捧げる必要があった。

ペティはその手を握り返し、大神の信徒となる事を決意する。
自分を虐げる村人への怒りを解放し、自由を手に入れる為に。

影狼
影狼

カナンと言う女性が下着姿にさせられた上に包丁を突きつけられて、恐怖で白いレースパンティを穿いたままオシッコをお漏らし、クロッチ部分から薄黄色い小便を垂れ零して脚の付け根や太股を濡らしたり、
ペティートと言う養子の少女が磔にさせられ、白いスクール水着を着たままウンチをお漏らししてしまったり、
他にもサテンと言う村長の孫娘が男に抱き抱えられたまま、白いタイツを穿いたまま着衣脱糞してしまうスカトロシーンがあり。

影狼DLsiteで買う 影狼DMMで買う

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)