【姉妹仲良くオムツプレイ】おねえちゃんと千尋のおむつ物語

おねえちゃんと千尋のおむつ物語

メーカー:三和出版
レーベル:三和出版

三和出版

監督:玄田牛一

二人で生きていくための、悲しいおむつの話……
おむつで結ばれた姉妹の絆……ふたりで生きていくために
両親の死からおもらし癖の始まった妹
叔父にアヌスを弄ばれ浣腸されてすてられた姉
母を求めおもらしを繰りかえす妹、男性不信に陥るも肉体の欲求が抑えられない姉。
預けられた叔母の家で虐げられながらも健気に生きていく姉妹。
ある日妹は姉の秘密を知ってしまう。
いつも守ってくれる姉にも人に言えない暗い過去があったことを知り、姉妹の絆はより深いものとなる。二人で生きていくために…。
妹の千尋はある時期から『おもらし』の癖が始まりました。
叔母さんに厳しく叱られたとき、その行為は時と場所を選ばず、突然起こるのです。


中学2年生のとき塾に両親が迎えにきた。
その帰路に信号無視をした車と衝突し、両親は帰らぬ人となったが、妹は奇跡的に助かった。
だがこのことが妹を苦しめることに。
「塾に迎えにきてって言わなければ」「私だけがなんで助かったの?」「私がいなければ両親が死ぬことはなかった」と、自分を責める。
そんな思いをめぐらせているとき、なぜだか妹は失禁する。優しかった母を求めているのか?
おもらしをしても何もできない自分を責めているのか?
その行為はどんどんエスカレートして、うんちのおもらしに発展していった。


しっかり者の姉は残された妹と共に生きていく覚悟を決める。
精神的に病んでしまった妹を何とかかばい、健気に支える。
しかし彼女にも暗い過去があった。
高校1年生の夏、預けられた親戚の家の叔父に犯されるという事件があった。
肉体を弄ばれ、アヌスまでおもちゃにされたのだ。
しかも最後には浣腸をされ、無残な姿で捨てられた。
以来、姉は異常なまでの男嫌いになった。しかし、成熟した肉体の欲求がふつふつと沸き上がる。
そして、自分を慰めるようになった。アヌスをいじり、浣腸遊びに耽っていたのだ。誰にも言えない遊びを繰りかえす。

二人で生きていくための、悲しいおむつの話。
突然、両親を失った姉妹。預けられた叔母の家で、虐げられながらも二人で生きていく事を決めたのだったが、誰にも言えない悩みが姉妹に襲いかかった。
亡くなった母を求め、おもらしを繰り返す妹。
男性不信に陥るも、肉体の欲求が抑えられない姉。
ある日、妹は姉の秘密を見てしまう。
いつもおもらしをしてしまう自分を守ってくれる姉にも、暗い過去があった事に気づく。
そして、姉妹の絆はおむつによって、より深いものとなった。
たった二人だけで生きていくためのおむつ。
この話はそんな姉妹の告白手記をもとに、再構成して映像にしたものです。

おねえちゃんと千尋のおむつ物語おねえちゃんと千尋のおむつ物語おねえちゃんと千尋のおむつ物語おねえちゃんと千尋のおむつ物語おねえちゃんと千尋のおむつ物語おねえちゃんと千尋のおむつ物語おねえちゃんと千尋のおむつ物語

セーラー服姿の女子高生の妹が食事中に突然立ち上がって、プリーツスカートを捲って白い綿パンツを穿いたままオシッコをお漏らし、小便を床に垂れ零して足元に水溜まりを広げてしまったり、
野外で内股のまま立ち尽くしてオシッコをお漏らし、足元に水溜まりを作ったり、
プリーツスカートの内側にパンツ型紙オムツを穿かされたり、
姉妹揃って布おしめとオムツカバーを着用したり、
ベッドの上で膝立ちになったままイチジク浣腸を入れて、苺柄の女児パンツを穿いたままウンチをお漏らし、お尻全体を茶色く汚して、裾からはみ出るほど茶色い固形便を溜め込んでしまうスカトロシーンがあり。

おねえちゃんと千尋のおむつ物語

作中で実際に穿いている紙オムツ:ライフリー うす型軽快パンツ M

三和出版
おむつ、おもらし、おねしょ、お浣腸を多く取り扱っている「三和出版」レーベルも幅広く取り扱っている「duga」はインディーズAVの品揃えが抜群なのでオススメ!
「duga」への無料会員登録はコチラ。