【トイレを覗き見しながらオナニー失禁する女子大生の姉】九十九の奏~欠け月の夜想曲~

九十九の奏~欠け月の夜想曲~

エロゲメーカー:スカイフィッシュ
原画:さえき北都

2012年、夏。
東京の美術の専門学校に通う主人公・百日紅一二三(さるすべり ひふみ)は、
町興しのボランティアの手伝いに呼ばれ、友人達と生まれ故郷の町・葛折町(つづらおりまち)へと向かう。

この町にはいくつかの言い伝えが残されていた。
古い器物を奉る風習があり、それらの器物は九十九神と呼ばれる神……妖(あやかし)であること。
それらは人に恩恵を与え、代わりに心(記憶)、命(寿命)を喰らうこと。
そして、九十九神に憑かれた者は、百年の一度の欠け月の夜、九十九神と共に常世へと連れ攫われること……
言い伝えは、民話であり、伝説であり……一二三にとって、それは遠い世界の御伽噺にしか過ぎないはずだった。

葛折町(つづらおりまち)に着いた夜、一二三は一人の少女と出会う。
全身に包帯を巻いた不気味な少女……その少女は、一二三に“九十九神・白蛇精(はくじゃせい)”の形代を渡す。
その形代は具現化し、大蛇となって一二三を襲う。
少女は告げる。

「その九十九神はあなたを待っていた……願いを叶え、依代となったあなたを。
取り憑き殺したいほど、恋こがれてね……ふふ」

欠けた赤い月……欠け月を背に不気味に笑う少女。
追い詰められた一二三の前に現れるのは、別の少女の影……
……拳銃の九十九神・八房を握るその娘の名は伏姫と言う。
一二三と伏姫、二人の出会いから物語は始まる。
人と器物、そして妖(あやかし)の物語は紡がれる。
それは欠け月の夜の夜想曲……

九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏~欠け月の夜想曲~九十九の奏 ~欠け月の夜想曲~九十九の奏 ~欠け月の夜想曲~九十九の奏 ~欠け月の夜想曲~

百日紅 鳴と言う女子大生の姉がトイレを覗き見しながら自慰行為に耽って、水色のパンツを穿いたままオシッコをお漏らし、股間部分に染みを広げて薄黄色い小便を噴き出してしまうシーンがあり。

九十九の奏~欠け月の夜想曲~ 九十九の奏?欠け月の夜想曲?

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)