【廊下に倒れてパンスト脱糞する女教師】白濁の少女

白濁の少女

エロゲメーカー:縁 -yukari-
原画:浅賀葵

中田織香(なかた おりか)は、文化祭を控えて少しだけ浮かれながら、楽しい学園生活を送っていた。
お気に入りのぬいぐるみをカバンに付け、女子バスケ同好会の出し物を準備している。
そんな彼女には、幼なじみである早峰央(はやみね なかば)という男性がおり、央は授業をさぼりがちな不良のレッテルを貼られている。
そんな央はあちらこちらで、他の不良達からの恨みを買っているようであった。

しっかり者の生徒会役員兼、女子バスケ同好会の部員である、野上里依菜(のがみ りいな)は生徒会役員として頑張りながら、校内をかけずり回っていた。
そんな生徒会役員の中で会計をしている男性は、仕事の出来る里依菜を疎ましく感じている日々を過ごしていた。

一見、のらりくらりとしていて、ざっくばらんな言動をしながらも、何かと実行力のある部長である宇千田智美(うちだ さとみ)は、景品のぬいぐるみを私物化しようと企みつつ、里依菜に怒られていた。
そんなバスケ同好会の部室は人数の割に広く、それを羨望の目で見ている男子バスケ部員達の姿があった。

水泳部に所属し、過去に大会での記録を出した事もある中田湖毬(なかた こまり)は、姉の織香に甘えたりしている仲良し姉妹だった。
水泳部の顧問にして体育教師の佐藤高知は、そんな才能溢れる少女の練習を見ながら、股間を滾らせていた。

そんな女性達の日常を見守る立場である、小水沙理(こみず さり)は、通勤電車での痴漢出没というニュースが気に掛かっていた。
まだ被害者は身近な人に出ていないが、被害者がでてしまったらどうしようと……。

幾人かの女性と、それを取り巻いている悪意の渦。
それは凌辱という形で、無垢な四肢を蹂躙しようと、闇から飛び出す寸前であった。

白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女白濁の少女

小水沙理と言う女教師が男子達に股間を弄られてオシッコをお漏らし、タイトスカートを派手を派手に濡らして黒パンストに伝わせたり、
股間にスタンガンを押し当てられ、白い下着と黒ストッキングを穿いたまま着衣失禁、
バイブを股間に入れられたまま廊下を歩き回る羽目に、尻餅をついたままノーパンストッキングでウンチをお漏らししてしまうシーンがあり。

白濁の少女 白濁の少女

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)