【催眠術で強がりな女子高生も街中でジーンズ失禁】催眠演舞

催眠演舞

エロゲメーカー:スタッフィング
原画:さより

「お前に、神楽流を継がせることはできぬ」
家元である祖父にそう言われた神楽一紗(かぐら・かずさ)は、絶望した。
物心ついて以来、舞踊一筋に打ちこんできた。
子役としても幾度も舞台を踏み、次代を担う舞手として期待されていた。
その輝かしい未来が、すべて消えてしまったのだ!

失意のまま進学した一紗は、新たな環境にまったくなじめずにいた。
打ちこめるものが何もなく、クラスメートにも興味はない。
しかし、灰色の日々の中、とある先輩が披露した技に魅せられる。
他人の意識を引きつけ、吸いこみ、思いのままに導く技術――催眠術。

これと、自分が培ってきた技術を融合させれば、誰にも真似できない、自分だけの舞を編み出せる!
そう確信した一紗は、その先輩……浦河柳(うらかわ・やなぎ)に弟子入りする。

そして、時は過ぎ……柳から学び終えた一紗は、ついに動き出す。
新たに身につけた、他人の精神を操る舞をもって、自分の技が誰よりも優れていることを証明するんだ!
そのためには――普通じゃしてくれないことをやらせることができれば、何よりの証明になる。
かくして、彼の芸術のため、幾人かの『客』が選ばれる。

いとこ、桂浦香具耶(かつら・かぐや)。
幼なじみ、青羽明日香(あおば・あすか)。
クラスメイト、海里美乃莉(みさと・みのり)。
一匹狼不良少女、穂波炎乃火(ほなみ・ほのか)。

いずれ劣らぬ美少女たちが、華麗に舞う一紗の動きに引きつけられ、意識を吸いこまれ、操り人形と化し……。
通常ありえない行為を、次から次へとやり始める。
それが卑猥で、下品で、あるいは獣のように浅ましいことであればあるほど、『舞』の威力の証明となる。

さあみんな、もっともっと、すごいものを見せてくれ!

高みを目指して舞い続ける一紗と、操られる『観客』たち。この演舞の果てにひらける境地は、いったい……?

催眠演舞催眠演舞催眠演舞催眠演舞催眠演舞催眠演舞

穂波 炎乃火と言うぶっきらぼうな女子高生が催眠術を掛けられ、街中で立ち尽くしたまま絶頂、デニムジーンズを穿いたままオシッコをお漏らし、股間や太股に染みうを広げてしまうシーンがあり。

催眠演舞 催眠演舞

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)