【友達同士でオムツ交換する女の子達】恋するおむつ少女3(下巻)雪花色のおしめ物語

恋するおむつ少女3 [下巻]

メーカー:三和出版
レーベル:三和出版

三和出版

監督:町野ヒカル

この物語は、性に敏感な思春期の女の子たちがくり広げるオムツへの依存を縦糸に、清純な幼児への回帰、義姉妹の葛藤、同姓への憧れなどを横糸に編み込んでくり広げられていくオムツロマン映像の完結編。
すべてのオムツマニアに贈る珠玉のストーリーです・・・
あの事件から数ヶ月たったある日、あんりが突然失踪してしまいました。
ゆうなはあんりの行方を捜すのですが見つかりません。
最後に義姉・なつ妃のアパートを訪ね、あんりが来ていないか訪ねます。
「お姉ちゃん、あんりのこと知らない?もう一ヶ月ぐらい家に帰ってないらしいの」
「まあ、それは大変ね。私も見かけたら連絡するね」
「うん……」
じっと義姉・なつ妃の顔を見つめるゆうなの足元が、心なしかもじもじしています。
「ゆうな……どうしたの?」
「うんん、な、何でもない。それじゃ、なんかあったら連絡してね。今日は帰る」
「うん、気をつけてね」
ゆうなは手を振ってドアを閉め、義姉・なつ妃の部屋を後にしました。
廊下を歩くゆうなでずが、なんとなく表情が晴れません。
(本当は、お姉ちゃんに甘えたかった。お姉ちゃんの前でおもらしして、優しく叱られたかった。
オシッコを我慢して訪ねたのに……何もできなかったよ……)
そうです、ゆうなは義姉のなつ妃に恋をしていたのです。
この日はオシッコを限界まで我慢して会いにいったのに、いざ、なつ妃の前にたつと何もできなくなってしまったのです。
尿意を必死に我慢しながら歩いていると、いつのまにか外は激しい雷雨です。
「お義姉ちゃんに傘を借りよう」
そう呟いて義姉の部屋に戻ったゆうなは、奥から微かに聞こえる嬌声に驚きます。
恐る恐る近づいてみると、そこでは義姉のなつ妃と、同級生のあんりがおむつ姿で……。

恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]恋するおむつ少女3 [下巻]

同性愛者の女子高生が、オシッコをずっと我慢したまま友達のお家に遊びに行って、白い綿パンツを穿いたままオシッコをお漏らし、クロッチ部分から垂れ落ちたオシッコを飲尿したり、
布おしめとオムツカバーを着たまま少女同士が遊んだり、おっぱいを吸ったり、お尻にベビーパウダーを塗ったり、ロンパースに着替えたまま一緒に添い寝しておっぱいを吸ったり、
オムツカバーの上から股間を擦ってオナニーしたり、ベビー服の上から股間を触れられたままオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

恋するおむつ少女3 [下巻]DUGAで動画本編を高画質で見る

三和出版
おむつ、おもらし、おねしょ、お浣腸を多く取り扱っている「三和出版」レーベルも幅広く取り扱っている「duga」はインディーズAVの品揃えが抜群なのでオススメ!
「duga」への無料会員登録はコチラ。