【がに股で下着脱糞させられる女性捜査官】HOTOTOGISU ホトトギス ‐滅せぬもののあるべきか‐

HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐

エロゲメーカー:つるみく
原画:桜島サロマ子

「お待たせしました――遅くなってすみません」
2年ぶりに出所した俺を、我が有能なる片腕はそんな面白くもない言葉で出迎えた。
「フン――相変わらずで何よりだ」肩を竦めて答えつつも車に乗り込む。
元総理大臣である親父が他界してから、俺の人生は一変した。
実父殺害の容疑で逮捕され、挙句まったく身に覚えのない罪を次から次へと被せられ、気づけば雪だるま式に罪状が増えていた。
何回死刑になれば償えるのかもわからないほどだ。身に覚えのある罪はいくらでもあるが、発覚したものなど一つもない。――つまり、濡れ衣である。
ちなみに当然ながら、俺は親父を殺していない。すべては現総理大臣・高井田幸造率いる『民権党』の陰謀である。
こうして無事釈放されたのは、我が有能なる片腕の働きのおかげというわけだ。
もっとも、無条件で自由というわけでもない。当面の間は高井田の息のかかった当局の捜査員の監視下におかれ、親父の地盤を引き継いで政界へ進出したり、取引内容を暴露したりしないよう約束させられている。
妹を実質人質に取ってまでという念の入りようである。
元総理大臣の息子である俺に許された生き方は、資産を食い潰しながらの細々とした生活だった。
無論、そんな退屈で窮屈な人生にこの身を捧げるつもりはない。
何よりこのまま連中の好きにさせていたら、ただでさえ利権と汚職に塗れて傾いているこの国は、知らない間に隣国のエサと成り果てるだろう。
俺は親父とは、決して良好な間柄ではなかった。だが、その愛国心と鉄のような信念だけは少なからず尊敬していた。
親父のためなどとは言わないが――俺とてこのまま連中の好きにさせておくのは面白くない。ここからは、俺のターンだ――。
「まずは何から手をつけますか?」
「そうだな――まずは、死ぬところから始めようか」

HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐

池田 英理と言う女性捜査官がシリンダー浣腸させられ黒い下着を穿いたままウンチをお漏らししてしまうスカトロシーンがあり。

HOTOTOGISU ‐滅せぬもののあるべきか‐ HOTOTOGISU‐滅せぬもののあるべきか‐

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)