【レイプ犯のバイブ責めであえなく失禁する女子高生】操淫~恥辱に染まるトラウマ~

操淫~恥辱に染まるトラウマ~

エロゲメーカー:HEAT-SOFT
原画:米倉きひろ・鰻丸・たぢまよしかづ

主人公は新米教師。
現実の厳しさを十分理解しつつも、それなりの希望を持って教師になった。
はずだったが、予想を上回る学生たちの無気力ぶりに、打ちのめされる。
それでも、学生たちに何か悩みがあるに違いないと奮闘するも、空回るばかり。
ところが、主人公の受け持ちの学生たちが、近所に出来た自己啓発セミナーに通っているという噂を聞いた。セミナーのインチキを見破ろうと乗り込むも、逆に自分の悩みを言い当てられ、驚いてしまう。
相手を信じ始めた主人公は、インストラクターに自分の悩みをうち明ける。
主人公はすっかり自信を無くしており、自信を取り戻すためには、学生に対する恐怖心を克服しなければならないと、インストラクターは言った。
セミナーに通う少女に、学園の学生服を着せたインストラクターは、主人公を罵倒しろと、彼女に命ずる。罵倒に我慢していた主人公も、怒りが頂点に達し、気が付いたときには少女を押し倒し、陵辱していた。
我に返って愕然とした主人公だったが、それはセミナーのカリキュラムだと、インストラクターは笑った。それから数回、カリキュラムをこなした主人公は、すっかり自信を回復した。優秀な成績を残した主人公を、セミナーは新しいインストラクターとして働かないかと誘う。
いつのまにか、隣の部屋には少女が座っていた。彼女はセミナーにやってきた相談者だという。
とまどう主人公に、インストラクターは微笑む。
人間には全て淫乱な欲望があり、それを解放することで、救われるのだと。
自分が治療されたとおりにすればいいと。
しかし、自分と少女は違う。彼女が大人しく犯されてくれるとは思えない。
ならば、自ら犯されたいと思うようにし向ければいいと、インストラクターは言った。
そのための方法は、すでに経験しているはずだと。
「導いて犯せ、少女が自ら望んだように」
その言葉を、呪文のように耳元で囁かれた主人公は、部屋の扉を開けた。

操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~操淫~恥辱に染まるトラウマ~

夏雲 若菜と言う女子高生がバイブ付きの下着を穿かされ、犯された男にスイッチを入れられた恐怖と快楽で紫色のパンティを穿いたままオシッコをお漏らし、裾から薄黄色い小便を漏らして太股やニーソックスに伝わせてしまうシーンがあり。

操淫~恥辱に染まるトラウマ~ 操淫~恥辱に染まるトラウマ~

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)