正義の教室

正義の教室
正義の教室

正義の教室
メーカー:FlyingShine(フライングシャイン) 犬
原画:大橋薫

細菌兵器によって先進国が真っ先にやられて、生き残った人たちは今はサバイバル生活をするしかない状態。
特に大人の罹患率が高く、死亡率も高かったため、二十歳より下の年齢の子供ばかりが多く生き残っている。
とりあえず学校にたどり着いた二つのグループ。
お互いに猜疑心を抱きながらも協力して、何とか生きていこうとしている。
近くにショッピングモールもあるし、ここならば長くとどまることが可能な感じ。
そんな生活の初日の最後に、唐突に、ラジオから生きている人たちに向けたメッセージが流れ出す。
生きている人がいるならば、新宿都庁まで来て欲しいというもの。
しかし安全な場所にいられるのに、わざわざ危険を冒して今すぐ行く必要があるのかということで対立が始まる。
本当に人がいるのかどうかわからない。いてもそれが味方かどうかはわからない。
さて、全員の判断は…ここに集まった者たちの決断は、果たして誰にとっての正義なんだろうか?

女の子が複数の男達に襲われ、ブラをナイフで切り裂かれた恐怖で白いパンツを穿いたままオシッコをお漏らし、クロッチ部分に染みを広げて薄黄色い小便を垂らして、水溜まりを広げてしまうシーンがあり。