【太股に何度も銃撃されて小便を漏らす】死に逝く君、館に芽吹く憎悪

死に逝く君、館に芽吹く憎悪

エロゲメーカー:バグシステム

それは、何の前触れもなく起こった――。

平穏だった世界に、突如として現れた上位種族達。
彼らは一方的に人間を虐殺し、世界は混乱の渦へと飲み込まれていった。

家族と買い物の途中だった美亜もまた、その被害に遭ってしまう。
父、母、姉が殺害される中、必死に逃げた先でも別の上位種族の男と遭遇。
自棄になった美亜は、死を覚悟の上で男にナイフを突き立てた。

次の瞬間、美亜の意識は飛んでいた。
自分がどうなったのかもわからず、腹部には激しい痛みが感じられていた。

「私の体を傷付けておいて、勝手に死なせるわけにはいかない。君の罪は……万死に値するのだからね……」

そして、意識を取り戻したとき、美亜は館のベッドの上にいた。
体に傷はなく、服は自分のものではないドレスが用意されている。

その館で再会したのは、あの上位種族の男。
彼は、美亜に館に住むよう命じ、数々の非道な行為を繰り返すようになる。

潰され……刺され……撃たれ……流され……撥ねられ……食わされ……破裂させられ…………。

そして、意識を取り戻したとき、美亜は館のベッドの上にいた。
体に傷はなく、服は自分のものではないドレスが用意されている。

その館で――――――――――

※本商品ページ内において、一部の暴力的または猟奇的な表現に修正を加えております。
ゲーム内では本来の内容でお楽しみいただけます。

死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪死に逝く君、館に芽吹く憎悪

美亜と言う少女が太股を銃で撃たれて、白い下着を穿いたままオシッコをお漏らし、クロッチ部分から薄黄色い小便を垂らしてしまうシーンがあり。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)