【授業中の失禁を咎められオムツ着用を義務付けられる男の娘】女権時代黎明期のとある少年の記録

女権国家胎動期のとある少年の記録

恥辱庵さんのエロ同人イラスト。

女性敬仰法が施行されて早くも五年が過ぎました。
本書では、女尊男卑黎明期時代を振り返り、とある男権主義の男の子の教育を例に取って、改めて女性の権利について考えたい
と思います。
(冒頭文より)
****************************************************
西暦2036年。日本は完全に女性上位の社会となっていた。
それ以前の女性上位時代黎明期において、まだ男尊女卑の風習が残っていた田舎町から都会の女性上位モデル校に転入してきた男権主義の男の子がじっくりと学園の女の子達に矯正教育を受け、女の子に犯される事を生き甲斐と出来る素直な男の子に生まれ変わる経緯を描いた文章付きCG集です。
・ふたなり女子へのフェラ奉仕で、自分が女生徒の性処理道具だと理解させる
・体育の授業で、女の子に腕力でも敵わない事を実体験させる
・ふたなり女生徒とペニス比べで自信を崩壊させる
・アナルを女生徒に犯される事で、自分の矮小さを思い知らせる。
・トイレは許可無く禁止。お漏らしした場合にはオムツで赤ん坊扱いする
・なおも、素行が悪い場合は更に下の学校に落第させ、己の未熟さを認めさせる。
などなど
※女の子のほとんどが性欲盛んな、ふたなり娘ですので苦手な方はご注意下さい。
作画:うみの様
文章付きCG全67ページ
(基本20枚+差分)
jpg+PDF同梱

女権国家胎動期のとある少年の記録

男の娘がオシッコをお漏らし、紙オムツを着用させられるシーンがあり。

女権時代黎明期のとある少年の記録DLsiteで買う