【尻叩きでオシッコを漏らす魔法少女】魔法少女アイ2

魔法少女アイ2plus

エロゲメーカー:colors(カラーズ)
原画:黒木雅弘

◆前作「魔法少女アイ」のあらすじ
これまで事件らしい事件のなかった街に突如続発する猟奇事件。時を同じくして街にやってきた少女「アイ」。アイはあたかも昔から居たかの様に周囲にとけ込み、学園生活を始めた。ある日突然「いるもの」として当然のように存在しはじめた彼女を不審に思うのは主人公の秋俊だけだった。そして秋俊は目撃する。アイが触手の生えた化け物と戦う姿を――。アイの正体は異世界から派遣された戦士だった。彼女の任務は、異世界の安定のため化け物「ゆらぎ」を狩ること。記憶操作の魔法が効かない秋俊のことをアイは疑う。秋俊も「ゆらぎ」であり、猟奇事件を引き起こした犯人の一人なのでは、と。任務のことしか考えず人間の味方とはとても思えなかったアイだが、秋俊との交流によって次第に心を開いていく。捜査をしていくうちに、秋俊には魔力を増幅する力があること、そして全ての事件は秋俊の通う学園が何らかの形で関わっていることがわかってくる。秋俊の親友・亨、社会科教師の内藤、そして理事長の春巳。これら「ゆらぎ」に取り憑かれた人間を倒し最後に現れたのは、学園に生えるイチョウの樹が「ゆらぎ」と化したものだった。人々の目を欺きながら2千年以上を「ゆらぎ」として生きてきたこの化け物は、強大な力でアイを苦しめる。何とかアイを助けようとする秋俊だが、まるで歯が立たない。それでも諦めない秋俊の前で奇跡は起こった。アイの先輩格の戦士メグの光臨である。かつてイチョウゆらぎと戦って敗れたメグは、秋俊の中に精神体として隠れていたのだ。秋俊の力を借りたメグと、アイの二人の戦士によってイチョウゆらぎは倒される。全ての元凶を倒した後、アイとメグは街中に記憶操作の魔法を掛ける。それが戦士の掟であるのはもちろんのこと、街の被害は小さいものでは無く、そのつらい記憶を和らげることを願って――。秋俊もその例外ではない。
「私…秋俊のこと…忘れないよ すごく、すごく、好きだった人がいたことを…」
秋俊はアイと「ゆらぎ」に関する一切の記憶を失う。そして、新しい生活を始めた、いや、本来の生活に戻った秋俊を見届け、彼への想いを胸に街を去っていくアイだった。
◆そして「魔法少女アイ2」
あの事件から数年。浪人生の秋俊は、都会に出てきて予備校通いをしていた。何か大事なことを忘れてしまったような気がしていて、モヤモヤとした毎日を送っている。そのため成績も今ひとつ。そんなある日、秋俊は予備校からの帰り道で化け物と戦う奇妙な格好をした少女を目撃する。その光景にデジャヴを感じ、立ちつくす秋俊。そうこうするうちに化け物を倒した少女は、秋俊が居ることに気付いて驚いた。戦いに際し、人間が入って来れないよう周囲に結界を張っていたからだ。さらには記憶操作の魔法も効かない秋俊に対して、少女「リン」のとった行動は意外なものだった。秋俊と同居するというのだ。こうして、秋俊とリンの奇妙な共同生活が始まった――。

魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2plus魔法少女アイ2 plus魔法少女アイ2 plus魔法少女アイ2 plus

アイ(愛)と言う魔法少女が公衆の見守る中、敵の触手に尻を叩かれて、コスチュームに身を包んだまま、着衣失禁してしまうシーンがあり。

魔法少女アイ2plus 魔法少女アイ2 plus

詳細:
大人気の触手凌辱AVG「魔法少女アイ」シリーズ第2弾をダウンロード販売!もちろん寸止め無しの凌辱エロは健在です。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)