【プロレス技から抜け出せずブルマ姿でおもらし】[千夜詠][taro]言霊使いリザ 淫獄儀式の学園

言霊使いリザ 淫獄儀式の学園

言霊使いリザ 淫獄儀式の学園

千夜詠先生、taro先生のエロライトノベル。

現世における聖と魔のバランスを監視する少女・真鳴リザのもとに、とある離島の全寮制学園の調査任務が下る。

島への道中で邂逅した退魔巫女の煉獄院牡丹とともに、転入生として学園へ潜入したリザは、生徒会長の江木曄子から学園には『フリーレイプ時間』なるものが定められており、毎日二十時から二十四時までの間、男子生徒は女子生徒を自由に犯すことが許可されているという事実を聞かされ驚愕する。

『強く言葉にしたことが現実になる』という言霊の能力で女子寮の仲間に協力して男子生徒を翻弄するリザだが、学園で暗躍する何者かによって自分の能力を逆手にとられ、
口とアナルをザーメン便器にされてしまう。

『マゾ豚肉便器』の烙印を押されたリザは、学園中の人間に犯され蔑まされる被虐の性感に身を震わせ、果てなき輪姦地獄に堕とされていく!

言霊使いリザ 淫獄儀式の学園言霊使いリザ 淫獄儀式の学園

リザと言う女子高生が体育の時間に男子にプロレス技を掛けられ、ブルマが股間に食い込んだ拍子にオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。