【トイレの使い方も分からず失禁をしでかす妖怪少女】もしも明日が晴れならば

2021年5月1日

もしも明日が晴れならば

エロゲメーカー:ぱれっと
原画:くすくす

主人公、鳩羽一樹にとって、野乃崎明穂はかけがえのない人だった。ずっと、家族同然に暮らしていた居候の女の子。夏のはじめに告白をして、一樹の恋人にもなってくれた女の子。これからずっと、幸せな思い出を築き上げていく予定だったのだ。
だが、そんな彼女は病に倒れ、あっけなくこの世を去ってしまう。その出来事はあまりに突然で、いなくなった少女はあまりに大きな場所を占めていて…残された者達は、泣くことさえも忘れて、ただ途方に暮れるばかりである。
それから数ヶ月の時間が流れ、彼らがようやく立ち直りかけた季節…明穂は何の前触れもなく、この世に舞い戻ってくる。「思い残すことがあったから」そんな言葉と共に微笑む、ひとりのゆうれいとして。

もしも明日が晴れならば

千早と言う着物姿の物の怪な女の子がトイレの使い方が分からず床にしゃがみ込んでオシッコをお漏らし、トイレマットに染みを広げてしまうシーンがあり。

もしも明日が晴れならばDMMで買う