【幼児退行した少女がホットパンツ失禁】[はるゆきこ]凶暴女も子供の頃は可愛かった

用心棒の少女が幼児退行したまま尿意を我慢できなくなってホットパンツに小便を漏らしちゃう羽目に!

凶暴女も子供の頃は可愛かった

はるゆきこ先生のエロ漫画

薬師エディの用心棒として共に旅をする少女シーラ。
だがワガママで乱暴者のシーラは、怪しいキノコの魔物を殴りつけ、噴出された胞子を吸い込んでしまう。
胞子の効果によって、シーラは弱々しく甘えたがりな性格に幼児退行してしまう。
おしっこを漏らしたり無防備に生尻を晒す彼女の少女の、精神と成熟した肉体のアンバランスな魅力に、
戸惑いつつ世話を焼いていたエディも劣情を催す。
介助のふりをしてむちむちとした尻肉を揉みしだき、女性器を舐めまわし、ついには強引にセックスを迫るエディ。
クリトリスを弄られる刺激に戸惑い、挿入を嫌がるシーラはついに泣き出してしまい……。

幼児退行した少女が尿意を我慢できなくなり、ホットパンツを穿いたままオシッコをお漏らししてしまい、股間部分を濡らすうちに小便を垂れ流してしまうシーンがあり。

掲載コミック:

凶暴女も子供の頃は可愛かった