【女性捜査官が利尿剤を盛られてお漏らし】Female Desperate Vol.6

女子高生がエレベーターの中で便意を堪え切れなくなってウンチを漏らしちゃう羽目に!

Female Desperate Vol.6

Vida Locaさんのエロ同人小説

Female Desperate Vol.6

今作はシリーズ初!尿意システム搭載(1話のみ・ゲージの表示はありません) 尿意によってストーリーが変化します!! シナリオ分岐もシリーズ史上最多!! 各エピソードもボリューム満点です。

第1話 シナリオ分岐×5 第2話 シナリオ分岐×3 第3話 シナリオ分岐×5

ストーリー
第1話 まりな編(小 おもらし分岐あり)
警察署の特殊捜査官のまりなは麻薬組織の捜査のため、あるアパート前で張り込みをしていた。 日が暮れる前から張り込みを続け、夜の11時になるまで一度もその場を離れることはなかった。 そこに同僚の東利彦がコーヒーの差し入れをもって登場する。

2人で張り込みを続けるのだが、長時間トイレに行っていないまりなは尿意を催し始める。 トイレに行きたいが任務中のため、その場を離れることができないまりな。 尿意を東に打ち明けるかどうか激しく葛藤を続ける。

尿意が限界に近付いたまりなが選んだのは、捜査か?それともオシッコか?

第2話 
まりな編(小 おもらし分岐あり) ※第2話は第1話である条件を満たした場合のみプレイ可能になります。
運悪く麻薬組織に捕まってしまったまりなは犯人に注射を打たれる。 その注射には麻薬が含まれていた。犯人の狙いはまりなを麻薬組織の黒幕に仕立て上げること。 犯人はアジトを去り際にまりなにこう告げる。 「お前が放尿すればその成分から麻薬が検出され、お前は麻薬組織の黒幕ということになる」

その後アジトに警察が到着したため、まりなはアジトから逃走する。 相変わらずオシッコがしたくてたまらないまりなだったが、放尿してしまうと麻薬の反応が出てしまうためオシッコができない。 東京全土のトイレは警察によってマークされているため使うことができない。

オシッコしたいのにオシッコができないというジレンマに苦しむまりなに、 ある人物が救いの手を差し伸べる。

第3話 真希編(大 おもらし分岐あり)
主人公東利彦は教師として母校で教鞭をふるっていた。 伝統ある母校は創立以来校舎の建て替えが一度もされていないので、 年に1度、トイレ工事をしなければならなかった。

トイレ工事当日、利彦は誰もいない教室に忍び込み、教え子の真希のお弁当の中に「ウンチがしたくなる薬」を混入する。 そうとは知らずお弁当を食べた真希だったが、東が担当する授業中にお腹が痛くなってしまう。

脂汗を書きながら必死に耐えた真希だったが、トイレが使えないためそのまま次の授業に突入してしまう。 刻一刻と限界に近づく便意。 使うことのできないトイレ 絶体絶命に追い込まれた真希はある決断をする。

上司に利尿剤を飲まされた特殊捜査官が尿意を我慢できなくなり、オシッコをお漏らししてしまったり、お腹を弄られて着衣失禁してしまったり、
渋滞に巻き込まれて尿意を我慢できなくなり、車内でオシッコを漏らしてしまったり、
制服姿の女子高生がエレベーターの中で便意を我慢できなくなり、ウンチをお漏らししてしまうスカトロシーンがあり。

Female Desperate Vol.6DLsiteで買う Female Desperate Vol.6DMMで買う