【キャバ嬢が食い込みパンティに失禁】おしっこキャバ嬢・雪穂

キャバ嬢が食い込みパンティに小便を漏らしちゃう!

おしっこキャバ嬢・雪穂

きいろいねこさんのエロ同人ノベル

◆あらすじ
現役キャバ嬢の雪穂(ゆきほ)は、おしっこを我慢しがちという癖を持った女の子。トイレでの失敗をきっかけに、おしっこの快感に目覚める。故意我慢中のおちびりや、限界我慢からのおもらし、着衣放尿。加えて、外でのドキドキ放尿、公園のトイレでのオナニー、と、彼女の行為はどんどんエスカレートしていく。
そんなある日、仕事帰りに強い尿意を催した雪穂。トイレのない歓楽街で追い詰められた雪穂は、緊急回避として、路地裏での放尿を決める。しかし、その路地裏には人がいて、放尿する事ができない……。よく見ると、その人物は女性。彼女は、不自然に脚を開いたと思ったら、下着を下ろす事もなく、着衣のままで、放尿を始めたのだった……。

◆各話紹介
・始 お化粧RTA
おしっこを我慢しながら同伴出勤の準備のためにお化粧RTAをやらざるを得なくなったお話です。
ポルチオ性感に目覚め、つらい我慢を続けながらも、上ってくる快感におかしくなっていく雪穂。

・弐 同伴出勤
なんとかメイクは終わらせ同伴出勤には間に合ったものの、先ほどの限界我慢の影響で、すぐに第2波が押し寄せてきてしまう。しかも接客中に。会席料理だから、なかなか次の食事が来なくて悶絶我慢を続ける羽目になる雪穂に救いはあるのでしょうか。

・参 キャバ嬢着衣放尿
むらむらした雪穂がネットに影響されて、自分も野外でおしっこをしたいと思い、街を徘徊するお話。スイッチが入ると、背徳行為も欲望を満たすための、儀式みたいなものなのかも知れません。

・肆 店内おしがま1
体調が悪い時に、指名を受け、いつもとは違う怒濤の尿意に翻弄されてしまうお話。
絶対に我慢ができない究極の圧力、体験したことはありますか?

・伍 キャバ嬢トイレおな
夜の男子トイレに忍び込んで自慰に耽るお話です。男性と主従関係を結んだ肉便器さんと一緒に、夢中になって貪る快楽を覚えてしまう雪穂。賢者モードになった二人のトークもあります。

・陸 店内おしがま2
店内でおしっこを我慢しながら同僚の相談を受けているうちに、気持ちが変になってしまうお話です。勤務中なのに、性癖で繋がった人とDMのやり取りをしながら……。

・漆 憐との出会い/続・憐との出会い ー送り女豹ー
仕事帰り、おしっこが我慢できず、やむを得ず路地裏で済ませてしまおうかと向かったその場所に、人がいて狼狽してしまう雪穂。その人物は女性で、不自然なくらいに脚を開いたかと思うと、着衣のままで放尿を始めてしまいます。

・捌 キャバ嬢尿流量測定
頻尿がひどくなり、泥●した日はおねしょまでするようになった雪穂は、自分のおしっこの量が知りたくなって、近くのショッピングモールへ出かけました。

・玖 二人で飲み会
一夜にして親密な仲になった憐と雪穂。今日はオフだったので、飲み会の約束をしていました。二人とも、だらしのない括約筋を制御できず、あちこちでへまをやらかすのですが、楽しそう。お酒怖い。

・拾 店内おしがま ー黛くれはー/続・店内おしがま ー縋恋ー
他店のキャストを連れて指名客が来店、接客していたのですが、そのキャスト、くれはさんが雪穂を見る視線には意味深なものがあって。

・終 足湯でふたり
雪穂と憐が、車で遠くの温泉街まで旅行するお話です。ぺちゃくちゃと色んな事を喋りつつ、時には漏らし、時にはやらかし話に花を咲かせ……。

◆本書の仕様
A5判/2段組/182ページ/20万文字

おしっこキャバ嬢・雪穂







キャバ嬢が洋式便座を跨いだまま、黒いパンティを穿いたままオシッコをお漏らししてしまい、裾部分から薄黄色い小便を垂れ流してしまったり、
白いTバックを穿いたまま着衣失禁、股間部分に染みを広げるうちに薄黄色い小尿を垂れ零してしまうシーンがあり。

おしっこキャバ嬢・雪穂FANZAで買う