[十勝源十郎]目隠し少女 拘束アナル陵辱排泄編

2021年6月6日

十勝 源十郎先生の作品。

サークル『目隠し娘』より、イラストノベルが発売決定!
妹のように慈しんできた、かけがえの無い少女。
主人公はその少女を、ほんの些細な日常の中で失い掛ける恐怖を味わってしまう。
心の均衡を崩した彼は、決して失うことの無いように、少女を自分だけのものにすることを決意する。
亡き父の書斎で発見した遺書を読み、出生の秘密を知った「僕」は、義理の妹であるさっちゃんを地下室に監禁し、調教することを決意した……!サークル『目隠し娘』から発表された、テキストとフルカラーCGで綴られる少女肛姦凌辱ものの最高傑作が、ついに登場。
鬼才・十勝源十郎の描くアンダーワールドを堪能あれ!

目隠し少女-拘束アナル調教編-目隠し少女-制服野外排泄編-目隠し少女-鬼畜子宮凌辱編-を一冊の本に纏めたフルカラー18禁書籍です。

「目隠し少女-制服野外排泄編-」にて、浣腸を入れられた後、オムツを穿かされて着衣脱糞、オムツの上からウンチを触られておむつの表面にも茶色いシミが浮かんでしまったりオムツの中身を見られてしまうシーン、紺色のブルマを穿いたまま跳び箱を跳んで尻餅、跳び箱の上に乗ったままウンチをオモラシしてしまうスカトロシーン等があり。
さらに「目隠し少女-鬼畜子宮凌辱編-」にて、椅子に拘束された女の子が縞パンを穿いたまま、オシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。