【委員会の会議中にこっそりオムツ失禁するドM女子高生】[栗栖ティナ][大空樹]クーマゾ! しつけて生徒会長

2021年6月6日

クーマゾ! しつけて生徒会長

栗栖ティナ先生、大空樹先生のエロラノベ小説。

学園のアイドルのクール生徒会長・星乃宮舞梨亞の秘密――
それは男の性奴隷になりたいというドMな願望だった!!
その秘密を偶然知ってしまった平凡な男子学生の岸優斗は、半ば強引に生徒会に入れられ、彼女の願望を満す手伝いをすることに。
自分の秘密を知っているご主人さまができて喜ぶ舞梨亞は、縄で緊縛された半裸姿での処女喪失からのぶっかけや、膣内にバイブを挿入した上にオムツを穿いて会議に参加するなど、様々な変態プレイに興じていく。
そんなある日、爆乳副会長・西行寺凛菜にも自らの露出癖を告白され、半裸姿でのお散歩に付き合った末に処女を捧げられる。
さらには、ツンデレなボクっ娘書記の橘高杏樹の被虐癖まで知り、スパンキングのおねだりを受け、そのまま彼女とエッチをしてしまう。
その後も、机の陰に隠れた舞梨亞に凛菜や杏樹の前でフェラされたり、お外で凛菜の巨乳でパイズリをしてもらったり、杏樹にお仕置きとしてアナル責めをするなど、美少女たちに「ご主人さま」として調教をねだられる。
果たして、優斗は舞梨亞たちの秘密を守りながら、立派な牝奴隷へと調教することができるのだろうか!?

クーマゾ! しつけて生徒会長クーマゾ! しつけて生徒会長

生徒会長・星乃宮舞梨亞が会議中にバイブを仕込んだ紙オムツを穿いて、主人公いバイブを押し込むように言いつけて、実際に着衣失禁してしまうシーンがあり。