[乾輔康]影千家 甘媚な淫水―淑女の放尿茶会

2021年6月6日

乾輔康先生の官能小説。

権力機構の一翼を握る茶道・影千家の宗匠は、男に尽くす女を育てるべく可憐な処女たちを囲っている。下半身におむつをあてられた16歳の美少女は、宗匠に見初められ、初々しい牝の器官を責めなぶられながら恥ずかしい嗜みを教え込まれていく…。

女の子がオムツを当てられるシーンがあり。