【紙オムツ一枚で拘束させられウンチを漏らす未亡人】影人葬

2020年2月4日

未亡人が紙オムツ一丁で紙オムツに大量脱糞させられちゃう羽目に!

影人葬

エロゲメーカー:TinkerBell

絶海の孤島に、その屋敷は黒々と聳えていた。
探偵・三津木を招じ入れたのは、妖艶な未亡人と愛らしい双子の兄妹。
誘われるまま、けれど待ち受けていたのは現実と非現実とが入り交じる悪夢の夜。
血の記憶。
肉の温みと、鼓膜をつんざくあの、悲鳴。
いとけない少女の声は、夕映えの中、密やかに囁く。

「お か え り な さ い」

仙石操と言う女刑事が椅子に座ったまま首を締められて、オシッコをお漏らししてしまい、スカートの内側から薄黄色い小便を垂れ流してしまったり、
門野橙子と言う未亡人の母親がしゃがんだ格好で脚を広げて、紙オムツ一枚で縛られたままウンチをお漏らししてしまい、お尻周辺に茶色い染みを滲ませるうちに裾から汚物がはみ出してしまうスカトロシーンがあり。

影人葬DMMで買う