【ロリ妹に紙オムツを穿かせて失禁】妹を汚した記憶

2020年2月4日

幼女の妹が紙オムツを穿いたまま小便を漏らしちゃう!

妹を汚した記憶

エロゲメーカー:はむはむソフト

だんだんと女の子らしくなっていく、年の離れた妹。
彼女にいつしか欲情を抱くようになった主人公・楠木亮(くすのきりょう)は、かくれんぼ遊びの最中、理性が効かなくなり、一緒に倉の中に隠れた妹の肌に射精してしまう。

彼女に対する罪悪感から、逃げるように田舎を離れ、都会で一人暮らしを始めた亮。
数年後のある日、行為の現場となった実家の倉が解体されることになり、中の掃除を両親より請われ、久しぶりに故郷の土を踏む。

早生のコスモスが咲き乱れる、懐かしい光景の中心にあったのは可愛らしく成長した妹・秋桜香(あさか)の姿だった。

妹の他、幼なじみの少女・暁(あき)と一緒に、あの時から止まっていた、情愛と欲望の時計の針が今、動き出す。
妹─そして、コスモスの芳香とともに。

「過去のあやまちに、おかえりなさい─。」

妹を汚した記憶

楠木 秋桜香と言う妹がテープ式紙オムツを穿いたまま、オシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

妹を汚した記憶DLsiteで買う 妹を汚した記憶DMMで買う