【素股で感じてスパッツ失禁する小学生女児】催眠日記

2020年2月5日

小学生女児が素股させられるうちに感じて白スパッツに小便を漏らしちゃう!

催眠日記

メーカー:ORCSOFT

エスカレーター式で幼稚舎から大学までの一貫教育受けることが出来る名門私立学園「桜華学園」
葛原亮太郎は、そこに常勤カウンセラーとして勤めている。
理事長の肝入りで学園に潜入した彼は、問題生徒への対応やいじめ問題に悩む生徒の窓口、受験のストレスなどに悩まされる生徒の良き相談相手、また教員のケアなどを幅広く行っている――表向きは。

彼に与えられた真の業務は、学園に通う少女たちを催眠性奴として育成することだ。
そして育て上げた処女を、学園へ大口の寄付を行っているVIPへの接待をさせること。
それが《催眠調教師》葛原亮太郎の裏業務――本当の顔だ。

そして晴。
新たな出会いと別れの季節を迎えた亮太郎は、カウンセリングルームから窓の外を眺めていた。
新学期への期待に、小さな胸を膨らませながら道行く少女達を見下ろし、邪に微笑みながら。
――得意の催眠術を駆使して、今年はどんな奴隷を育成してやろうか?
期待で胸と股間をこれでもかと膨らませる亮太郎の、その目に留まったのは、二匹の可憐なサナギだった。

今か今かと羽化を待つ、穢れを知らぬ肉体に、
亮太郎は舌をなめずりながら視線を這わせていた。

催眠日記

小日向 なつきと言う女子小学生が白いスパッツ一枚でおっぱいを揉まれながら素股させられて絶頂、オシッコをお漏らししてしまい、股間部分から薄黄色い小便を垂れ流してしまうシーンがあり。

催眠日記DMMで買う