【人前で歌いながら白タイツ失禁】催眠劇場

催眠劇場

エロゲメーカー:include

催眠術を使い「少し」やり過ぎてしまった主人公――大曲通伝(おおまがり・とおる)は、新しい学園へと転入する。
前の時の反省をいかし、趣味である漫画やアニメを楽しむ、静かで穏やかな生活をしていたが、オタクの好むものだから、と趣味を否定されてしまう。

ならば、もしも本当に魔法少女がいたとしたら?
クラスにいる普通の女の子が、いきなりアイドルになったとしたら?
普通の人間ではなく、魔性の存在(サキュバス)が紛れていたら?

無理解な「彼女達」に催眠術を使い、自分達の「趣味」について、理解をしてもらうために、実際にはあり得ない役柄を強制的に演じ、体験させるため、主人公は封じていた催眠を再び使うことを決める。

本日はご来場いただき、ありがとうございます。
「催眠劇場」の開演となります。これより紡ぐ物語を演じるのは私(わたくし)とあなた!
今一時、現実を忘れ、夢の中へとご案内いたしましょう。

さあ――ご笑覧あれ!

催眠劇場

小日向夏生と言う女子高生がステージ衣装を着たまま駅前で歌を歌っている最中におっぱいを丸出しにさせられて、白いタイツを穿いたままオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

催眠劇場DMMで動画本編を高画質で見る