【女子高生が愛撫させられパンツ失禁】エンコウカフェ

女子高生がチャラ男の愛撫で感じて小便を漏らしちゃう!

エンコウカフェ

エロゲメーカー:Blackluck

マンガ好きな女子校生・川口詩織はクラスの友人に勧められた品揃え豊富なネットカフェに通うようになり、その日はついつい何十巻もある長編を読みふけって遅い時間まで個室ブースに入っていた。

ドリンクバーから何か飲み物をとってこようとして、ヘッドホンを外し通路に出たとき――フィクションの中でしか聞いたことの淫らな声音が耳に入ってくる。
その破廉恥な声の主は彼女にこの店を紹介してくれた同級生・福原加奈子のものだった。
詩織は個室ブースと通路を隔てる仕切りの隙間から、加奈子が胸を愛撫されてあえぎ、その後ペニスに奉仕する一連の情景を直視してしまう。

あわててマンガを片付け、何も見なかったことにして、素知らぬ顔でネットカフェを出ていこうとする詩織だったが、加奈子はそんな詩織を呼び止めて「エンコウ」の分け前と言って、一万円札を渡す。
詩織に見られての行為を中年サラリーマンの客がオプション料金として支払ってくれたのだという。

自分は関係ない、そんなお金いらない、と断ろうとする詩織だったが、加奈子は、本当に関係ないのなら、どうしてさっき、最後までじっくり見つめていたの、
と、詩織を追い詰めて強引にお金を握らせる。

この日をきっかけに詩織は加奈子の「エンコウ」に巻き込まれていくのだった……。

しおりと言う高校二年生の女子高生が膣を弄られて絶頂、薄ピンク色のショーツを穿いたままオシッコをお漏らししてしまい、股間から薄黄色い小便を垂れ流してしまうシーンがあり。

エンコウカフェDMMで買う