【女子中学生が膣を弄られてパンツ失禁】現実が見えてきたので少女を愛するのを辞めました。

女子中学生が膣を愛撫させられるうちに感じて純白パンツに小便を漏らしちゃう!

現実が見えてきたので少女を愛するのを辞めました。

エロゲメーカー:かえるそふと

「だから俺は少女を愛するのを辞めた」

田中は限界に達した。

田中はこれまでの人生を、年の離れた<<少女>>にばかり執着して生きてきた。
現実の世界でも、二次元の世界でも、彼が愛したのは少女だった。
だが、それもここまでだ。
田中の魂がうめきをあげる。
たったいま、生涯108回目の<<少女>>への告白は無惨に散った。
一度も成功したことなどなかった。
一度も性交できないまま、108回目の真心を手酷い罵倒の言葉で剔られた。

「もう、この生き方にピリオドを打ってもいいんじゃないか?
そうしなければ絶対に幸せになんてなれっこない。
奥さんを手に入れて、家族を手に入れて、この心をあたたかくしなければ俺は死んでしまう……」

これまでの性的嗜好に関わるものすべてを投げ捨て、田中は婚活をした。
そこで出会ったのは、108 回の傷心をすべて包みこんで癒やそうとするかのような女性、愛宮麻衣だった。

「……この人、なんでこんなに俺のことわかってくれるんだろう?」

この人となら、俺は<<真人間>>になれるんじゃないか。
誰からも後ろ指さされることなく、罵倒されることもなく、幸せな家庭を持つ夫になれるんじゃないか。
だけど――。

田中は迷った。
とてもいい人だけど――。
とても魅力的だけど――。
性的対象としてチンポが反応したわけじゃない。
そんなんで結婚なんかしていいのか?
田中はその迷いに目を背けた。現実を見つめるために。

俺は過去を捨てた。俺はもう、今までの俺じゃない。やれる……やらなきゃいけないんだ。
そう心を固めて、田中は――愛宮麻衣を妻にした。

だが、運命は田中の眼前に禁断の果実を意地悪くぶらさげた。
愛宮麻衣には、それはそれはかわいらしい二人の娘がいたのである。

愛宮 碧と言う女子中学生が膣を弄られて絶頂、白い綿パンツを穿いたままオシッコをお漏らししてしまい、股間部分に薄黄色い染みを広げて小便を撒き散らしてしまうシーンがあり。

現実が見えてきたので少女を愛するのを辞めました。DMMで買う