秋の花火

2021年6月7日

彼の抱えた悲しみが、今、私の皮膚に伝わり、体の奥深くに染み込んできた―。人生の秋を迎えた中年の男と女が、生と死を見すえつつ、深く静かに心を通わせる。閉塞した日常に訪れる転機を、繊細な筆致で描く短篇集。表題作のほか、「観覧車」「ソリスト」「灯油の尽きるとき」「戦争の鴨たち」を収録。

『観覧車』という短編で、高校生の美少女風の女性が、停止してしまった観覧車の中でオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。