【乳首責めでスパッツ失禁させられる女神】女神凌辱?肛交僧侶スクルド?

2021年5月7日

エロゲメーカー:みるくぱい
原画:お花畑るん

世界終焉の日、ラグナロク。
神々の黄昏とも称される神族と魔族の最終戦争。
本来、神魔が共に滅びるべきこのラグナロクの結末を捻じ曲げた者があった。
その者の名は、天界の王。
大神オーディン。
オーディンは自らが率いる神族のみならず魔族とも通じ、このラグナロクに共通の首謀者として関わり、天界側が敗退する展開で策謀を進める。
天界を裏切ったオーディンの弟ロキに率いられた魔族の強襲になす術も無く倒れゆく神々。
遍く天界を照らした光は闇により遮られ、人々の笑い声で満たされていた世界は阿鼻叫喚の地獄絵図と化す。
破れ、捕らえられたベルダンディーら三姉妹と戦乙女ブリュンヒルド。
失意の四女神を前に魔軍を統べるロキの両眼が光る。
◆ストーリー『女神凌辱?肛交僧侶スクルド?』
三姉妹の末っ子にして、姉であるベルダンディーを支える神官「スクルド」天界の争乱の最中、神殿に立て篭もるも、呆気なく制圧されてしまう。
スクルドの周囲を固めていた近衛騎士や神官や司祭達は、ある者は殺され、ある者は犯されていく。
スクルドもまた、主の像の前まで追い詰められていた。
『きっと今にお姉さまが助けに来てくれる、大好きで強いお姉さまが』
しかし、その希望もヴァルハラ城陥落の報により打ち砕かれてしまう。
だが、炎上するヴァルハラ城の黒煙を望んでも、スクルドは信じない。
そんなスクルドを魔族達は、冷笑し、姉達が捕まっている姿を映し出して見せ付ける。
天界の希望であるベルダンディーだけではなく、長姉のウルドまで捕らえられ、あられもない事をさせられている……。
その映像に絶句するスクルド。
心の拠り所を失ったスクルドは、惨めにも命乞いしてしまう。
その姿に若干興ざめするロキ。
だが、『戦で負けたものの運命は、分かっているのかな?』と、刃を突きつける。
あまりの恐怖と幼さから、失禁しガタガタと震えだすスクルド。
自分がこれからどうなるのか、朧気ながら理解する。
姉ベルダンディーとは違い、気楽な身で頻繁に城外にも飛び出し若干耳年増なスクルドは、性的な知識も持ち合わせていた。
ロキは、『命が惜しければ、言う事を聞くんだ。
尤も、嫌がっても結果は一緒だから抵抗してもいいよ』とスクルドを笑い飛ばす。
神官であるスクルドは、処女を失うと多くの力を失ってしまう……。
弱々しく抵抗するスクルドにロキは高らかに告げた。
『それならば、もう一つの穴でたっぷり奉仕するんだな』
絶望の淵に沈むスクルド。
彼女を更に追い落とすように、常識の範疇になかったアブノーマルな凌辱がその身に襲いかかる。
その苦痛と快楽に、歪み悶える泣き叫ぶスクルド。
スクルドの凌辱調教の日々は、まだ始まったばかりだった。

女神凌辱?肛交僧侶スクルド?
女神凌辱?肛交僧侶スクルド

スクルドと言う女神の女の子が、乳首責めの末に絶頂、黒いスパッツを穿いたままオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

DLsiteで買う 女神●辱 〜肛交僧侶スクルド〜DMMで買う