【昼下がりの路地で一緒にオシッコを漏らす三人の女子高生】LEWDNESS~Vita sexualis~(ルードネス~ウィタセクスアリス~)

2019年11月29日

女子高生三人がTバックビキニ姿で住宅街を歩かされてローター失禁させられちゃう羽目に!

LEWDNESS ~Vita sexualis~

エロゲメーカー:Empress(エンプレス)
原画:聖少女

そこは令嬢を育成する学園……。行われるは、アブノーマル覚醒への授業。
今世紀半ば、少子化に悩んだこの国の政治家はある法律を提案する。 『Sexual Misconduct(淫行) 禁止法』。
この 『SM禁止法』 の内容は “生殖目的以外の全ての性行為を禁ず” というもの。
ポルノや風俗といった類のものは、接触や所持することはおろか、観賞することすら禁止する法律だった。
この法案の中心に居たのが橘忠誠という人物。 この国の初代大統領でもあり、引退後はSM禁止法に違反した若者を隔離するための施設 『誠憐学園』 を国立で設立し、そこの理事長として余生を送っている。
そんなSM禁止法の存在が当たり前になった時代。その法律を犯した少女が一人、誠憐学園へ送られようとしている。
その少女の名前は “姫乃百合亜”。 警察に逮捕された彼女は身元引受人として現れた女教師に、誠憐学園への編入を条件に釈放してもらえるよう便宜を図ってもらうのだった。
この誠憐学園は若年の犯罪者を隔離し、表向きは職業訓練を行い然るべき仕事を斡旋するための学園となっている。
だが本当の姿は問題児が集まる施設のような存在で、“令嬢” と呼ばれる権力者に仕え性の奉仕を担う存在を育成するのが、この学園の真の目的だった。
令嬢候補に選ばれた “姫乃百合亜”、そんな百合亜に仕えたいと名乗り出る謎のメイド “有栖”。
そして学園の寮で出会うボーイッシュな “仁科絵理” と、元学生会長の “九龍葉月”。
彼女たちは毎日休むことなく男たちの激しい性欲に打ちのめされ、その性的嗜好を矯正され、アブノーマル覚醒への門の前に跪かされることとなる。

LEWDNESS ~Vita sexualis~
LEWDNESS ~Vita sexualis~

姫乃 百合亜と言う女子高生が貞操帯と首輪を装着させられたまま、他の女の子と一緒に四つん這いで夜のお散歩に連れられて、途中でオシッコをお漏らししてしまったり、
姫乃 百合亜、仁科 絵理、九龍 葉月の三人が屋外で手錠を嵌められて白い水着とローターを装着したまま昼下がりの街角を路地を散歩させられ、道端に立ち尽くして白いTバック紐ビキニを食い込ませたまま着衣失禁、股間部分に染みを広げて薄黄色い小便を股間から垂れ零してしまうシーンがあり。

DLsiteで買う LEWDNESS ~Vita sexualis~DMMで買う

聖少女アートワークス LEWDNESS
聖少女アートワークス LEWDNESS

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)