【野ション中にオシッコを漏らす女子高生】螢火ノ少女

2020年2月5日

野ションを気づかれて逃げ出す途中で純白パンツに小便を漏らしちゃう羽目に!

螢火ノ少女

メーカー:地雷ソフト

日本海に浮かぶ孤島――九尾島。
その名は大陸より渡ってきたとされる伝説の妖狐’九尾の狐’に由来する。

絶世の美女に化けた妖狐は時の帝を籠絡し、日の本をその手中に治めんと暗躍した。
その企みは人の手により討たれて滅び、その骸は毒を吐く石となって各地へと飛び散った。

その石の欠片が飛来したと伝えられる島は畏怖と崇敬と共に、その妖狐の名を冠することとなった。
人々は不吉な名前から逃げるようにして島を去っていき、やがてその名も忌まわしきものとして改められる。

その名は――螢火島。
神秘的で美しい名前を与えられたその島は今もなお、不吉な影をまとい佇んでいる…………。

死んだ妹から届いた一通の手紙───それが全ての始まりだった。

生まれてすぐに母親を亡くした夏樹(主人公)は、父親と共に故郷の螢火島へ移り住んだ。
そこで父親の再婚をきっかけに、幼少時代を新しくできた二人の妹、まどか(義妹)、つぐみ(ヒロイン・義妹)と暮らした。

だが……その父親が事故死したことにより環境は一変する。

夫の突然の死に精神を病んだ楓(義母)の元では養育が不可能と判断され、夏樹とつぐみは島外の親戚に預けられた。

そんな中、もう一人の妹のまどかだけは、当主の後継者として島に残される事になった。
数年後、新しい家族との生活にも慣れ、平穏な日々を送る中、唯一島に残されたまどかが死亡したという知らせが届く。

しかし、夏樹たちにはその事実だけが伝えられたが、島に戻ることは許されず、葬儀に参加することもなかった。

それから時が過ぎ……。

ある日、つぐみの元に一通の手紙が届いた。

手紙の真相を確かめるため、夏樹とつぐみの二人は故郷の螢火島へと向った。

二人はそこで、卑猥で、淫猥で、淫靡で、淫乱で、不潔で、蠱惑な自分たち一族の過去、さらに呪われた島の秘密を知ることになる。

そして、失意の二人は一族からの……島からの逃遁を決意する。

やがて物語は、意外な結末へと動き出す。

螢火ノ少女

九十九 鶫と言う女の子が屋外で放尿していたのを気づかれ、慌てて逃げ出す時に白いパンツ穿いたままをオシッコを濡らしてしまい、股間部分に広げた染みを指摘されて恥じらうシーンがあり。

螢火ノ少女DMMで買う