【仲間と出会えて安堵失禁する御令嬢JK】カミツレ~7の二乗不思議~

カミツレ~7の二乗不思議~

エロゲメーカー:りぷる

生き別れた妹との再会、そして
「学園の7の二乗不思議」が
悩める彼女たちを翻弄する――

睦月はれっきとした女の子。
なのに、幼いころから自分の中の「男の子」の存在に悩まされていました。
思春期を迎えるころ、そのせいで両親は離婚、大好きな双子の妹とも離ればなれになってしまいます。

月日は経ち、女子校に進学した睦月が1年目の夏休みを終えた新学期、転校生がやってきます。
なんとその子は、生き別れた妹の七海でした。

ところが、かつて甘えん坊だった七海は、クールな性格に変貌。
睦月に対しても素っ気ない態度しか取りません。
クラスで孤立を深める七海を心配しつつ、相手にされない睦月は悩みます。

ルームメイトから学園の七不思議の一つ「音楽堂の大鏡」の伝承を教えられた睦月は音楽堂へ向かい、鏡の前に立ちます。
「鏡よ、鏡。鏡さん。わたしはどうしたらいいの?」

その瞬間、睦月は七不思議の一つ「あべこべ時間」に呑み込まれてしまいます。
さまよいながらも、睦月は再び大鏡の前にたどり着きます。

その鏡はなぜか懐かしくて、少し切ない気分にさせられます。
見とれていると、突然鏡がまばゆい光を放ち「キミの願いをかなえるよ」との声が響きました。

同時に気を失った睦月が目を覚ますと、そこは自分の部屋。
今のは夢?それとも現実?ただ、睦月の手の中には小さな鏡がありました…。

そのときから、睦月と七海、そして周囲の女の子との関係が大きく動きます。
すれ違う想い、ぶつかる心。同性への恋に悩む彼女たちの物語は、まだ始まったばかりです。

カミツレ~7の二乗不思議~

四宮 薫子と言う名家のお嬢様女子高生が異世界に迷い込んだ後、仲間と出会えて安堵した拍子に床にへたり込んで、黒いストッキングを穿いたままオシッコをお漏らし、足元に広げた薄黄色い水溜まりで下半身を浸してしまうシーンがあり。

カミツレ~7の二乗不思議~DMMで買う