【スクール水着姿で失禁と脱糞をしでかす高校三年生の女子高生】凌辱学園 ~部活調教恥獄責め~

2021年5月3日

高校三年JKがスクール水着を着たままオシッコとウンチを漏らしちゃう羽目に!

エロゲメーカー:凌辱堂
原画:ぶるマほげろー

命令に従う忠実な奴隷キャリアを集めること
それが裏調教議会直属、人材発掘教師の仕事!!
東郷真人は裏調教議会直属の人材発掘教師として全国の学園を転々としている。
人材発掘教師の真人の仕事とは、将来の国を担うためのキャリアを見出すために有望な女、つまり忠実に上司の命令に従う奴隷キャリアを集めることだった。
議会の命令でとある共学の名門学園に赴任した真人は、教育省直属の潜入教師でアシスタントでもある鳳冬美の資料から、各々違った性格を持ちつつ、他の学生とは違った光るものを持った3人の女学生を選抜する。
選抜されたのは各学年からひとりずつで、一年生からは演劇部の春風やよい、二年生からは体操部の夏木まゆ、三年生からは学生会会長の桔梗院麗華。
ある日の放課後、3人は揃って東郷のオフィスに呼び出された。
そこで国のキャリアに選抜されたことを伝えられる。
当然だと言い張る麗華、戸惑うまゆ、訳も分からずに喜ぶやよい。
真人はその3人を前に淡々とこれからのプログラムを説明する。
その内容は3人を奴隷キャリアにするための真人独得のプログラムだった。全てを聞き終えた3人は、あまりにも馬鹿げたプログラムに揃って辞退する。
が、それは許されない。
なぜならば、真人は事前に女学生の両親と面接を行っていたからだ。
そして女学生の両親たちは、キャリア官僚として娘の将来が約束されるのであればと、二つ返事で真人に賛同し全てを任せると誓約書を書いていた。
3人はうなだれるしかなかった。そんな3人に真人はプログラムを受けさせることを承諾させ、
腕に感情を送信できるセンサーを装着させる。そして翌日から1ヶ月に渡って想像を絶する調教が開始されることになった。

凌辱学園~部活調教恥獄責め~
凌辱学園 ~部活調教恥獄責め~

桔梗院 麗華と言う高校三年生の女子高生が紺色のスクール水着を着たままオシッコとウンチをお漏らしさせられるシーンがあり。
浣腸されてウンチをお漏らし、排泄したウンチを豚に食べさせられるスカトロシーンや、犬の格好をさせられて下剤を飲まされ野外で着衣脱糞、ウンチで下着を膨らませてしまうスカトロシーン、水を張った洗面器に顔を押付けられて、窒息寸前でオシッコとウンチをを水着の中にお漏らししながら気雑してしまうスカトロシーン、2リットルの大量浣腸、液便を大量に漏らすシーン、媚薬を入れられたまま浣腸され、絶頂しながらウンチをお漏らししてしまうスカトロシーン等があり。
他にもクスコを肛門に入れられ、ホースを挿し込み水で大量浣腸→大量脱糞するシーンや、案山子にさて肥をかけられ、服を脱がされ肥まみれでSEXするシーン、バニー姿で浣腸シーン、ゲロ小説を朗読させられてもらいゲロしてしまうシーン、臭いヌカミソをかき混ぜされられて頭から掛けられたりペニパンにミソをなすりつけてフェラさせられるシーン、ウンコ丼を食べさせられたり、尻に付いたウンチを自分の手でふき取らされ、それを食べさせられ味の感想を言わされるシーンも。

DLsiteで買う 凌辱学園 ~部活調教恥獄責め~DMMで買う