[上田ながの][ピエ~ル☆よしお]魔界王女 金眼のファルシア

2021年6月6日

魔界王女 金眼のファルシア

上田ながの先生、ピエ~ル☆よしお先生のエロラノベ小説。

「誰が……あんたなんかにイかされるもんですか……!」
魔界に君臨する王を決めるため、魔界六名家によって行われる殺し合い「魔神転生の儀」。
この儀式に参戦したファルシアは、敵のうち二柱の魔神を破るが思いも寄らぬ罠に囚われてしまう。
――そして幕を開ける、学園を舞台にした陵辱劇。
見下していた人間たちによる調教の数々。
催眠術で身体を操られ、痴女さながらのフェラチオ奉仕をさせられる王女。
さらには精液便“女”として「百円マンコ」の看板をぶら下げ犯され放題。
スペルマを吐いても漏らしても白濁液をぶっかけられ身体のすべての穴からドロドロの牡エキスを噴き出して、輪姦悶絶絶頂を演じさせられるのであった。
勃起牡肉と触手の海に沈められ、魔界王女は愛玩人形へと堕ちてゆく。
二次元ドリームマガジン人気連載作品が、書き下ろしシーンと挿絵を追加して待望の単行本化。

魔界王女 金眼のファルシア

身体を操られたファルシアが下着姿にされ、首輪と鼻フックを付けられ、雌豚姿として学園中を引き回され、男子学生達に奉仕をし、浣腸液による我慢の限界がきて、人前で多量に汚物を排泄してしまうスカトロシーンがあり。