【スク水女子高生が混浴中にオシッコを漏らす】夏のひとしずく

夏のひとしずく [7対応版]

エロゲメーカー:D.O.

7月7日の七夕の日。
今年も晴天に恵まれ、ここ『瑞科』の高原では今年も天の川が美しく見える。

そもそも人里離れた高原である為、空気は澄み、正に手が届きそうな星空を、「篠原拓人」はちょっと誇りに感じていた。

そして毎年この頃になると、ペンションを営んでいる我が家に、ちょっと気になるお客がやって来る。

「結城代歩(ゆうきかほ)」、数年前から主人公の家のペンションに訪れている女の子だ。
彼女は拓人と同学年だが、体が弱く学校を休みがちで、毎年静養のため避暑にこの瑞科を訪れる。

同い年と言う事もあり、拓人と代歩はすぐに親しくなった。

拓人の母、「乃梨子」は賑やかなのが好きで、ペンションはいつもお客様でにぎわっている。

それは拓人の友人も同様で、幼馴染の妹分である「結花(ゆか)」も入り浸り、家族のように過ごしてる。

いつもけんか腰の「風華(ふうか)」、悪友の「哲(てつ)」と「友紀彦(ゆきひこ)」……皆、大事な友人だ。

そんな仲間達も代歩をこころよく迎え入れ、賑やかで楽しい日々が続く。

静かな高原で繰り広げられる、ちょっと賑やかで暖かい学園生活。

そしてゆっくりと育まれる二人の愛情と、そこはかとなく訪れる不安……今年もこの高原にやって来た彼女と、素敵な一夏の思い出は作れるのでしょうか。

それは、いままでとは違った、大人の恋になるかもしれません………

夏のひとしずく Windows7対応版

結城代歩と言う高校二年生の女子高生がスク水半脱ぎ姿で背中から抱き締めるうちにオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

夏のひとしずく [7対応版]DLsiteで買う 夏のひとしずく Windows7対応版DMMで買う