【寝る時にオムツが手放せない小学生女児の従姉妹】黄昏のシンセミア

2021年5月1日

小学生女児の従妹が紙オムツに小便を漏らしちゃう!

黄昏のシンセミア

エロゲメーカー:あっぷりけ
原画:オダワラハコネ

「誰かを残して往く気持ちというのは、どんな気持ちなのだろう……」
山に囲まれた風光明美な御奈神村(みなかみむら)。
天女の羽衣の伝説が残る、大きな神社を中心にしたのどかな場所だ。
大学生の皆神孝介は、夏休みを利用して母の故郷であるこの村を訪れる。
きっかけは叔母から受けたアルバイトの話。
懐かしいこの村では少女たちとの出会いと再会が待っていた。
友人のような実の妹・皆神さくや (みながみ さくや)
疎遠になっていた従姉妹の少女・岩永翔子 (いわなが しょうこ)
幼なじみの神社の巫女・春日いろは (かすが いろは)
そして、村で出会った正体不明の女性・銀子 (ぎんこ)
懐かしい顔ぶれと、新たに知り合う少女との出会いを経て、孝介は少しずつ居場所を作っていく。
――しかし、孝介たちに襲い来る異変が、日常を壊していく。
山童 (やまわろ) という、村に伝わる化け物の話。
生き物を変質させてしまうという神話の薬の正体。
そして、伝承に残る天女とは、いったいなんなのか。
数々の真実を前に、彼らは決断を迫られる事になる――。

黄昏のシンセミア

岩永 翔子と言う従姉妹の女子小学生が夜中に、パジャマに紙オムツを穿いたままオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

黄昏のシンセミアDMMで買う