【教室の椅子に座ったまま失禁をしでかす和風女子高生】姫さま凛々しく!

2021年5月4日

エロゲメーカー:Q-X(きゅーくす)
原画:亜方逸樹

記憶を失った王子は、樹海の中で千名希という少女に出会う。
彼女もまた記憶を失っていたが、別の世界から来たようだった。
実は王子は、とても『エロい』!
恋心は解らないくせに女好きという、タチの悪い男だった―。
千名希や個性の強い姫達に囲まれ、王子も一緒に凛々しく変わる事ができるのでしょうか?
そして、エロいだけの王子は、恋を知る事ができるのでしょうか?
■□■ストーリー■□■
海の底のように静かな樹海の中を、彼はただ歩いていました。
そこがどこなのか、なぜそこにいるのか。
思い出そうとしても、記憶のメモ帳は少しずつ白紙に変わっていきます。
不安の中…何とか引き止めた記憶は、自分の名前とその身分。
自分が、一国の王子であるという事実でした。
出口を求め歩いていた王子は、千名希という風変わりな少女に出会います。
彼女もまた記憶を失っていましたが、別の世界から来たようです。
そうそう、王子にはもう一つ確かな事が残されていました。
それは………とても『エロい』ということ!
恋心は解らないくせに女好きという、タチの悪い男なのです。
千名希にもとんでもない事をしてしまい、第一印象は最悪なものに。
不思議な妖精ハナのお陰で、森を出た一行は王家の屋敷へ。
王子は、空白の一年が過ぎていた事を知らされます。
そして、会話を重ねるほどに気付く感情表現の不自由さ。
自分がどんな人間なのかもわからず、伝えたい事を思うように伝える事もできない。
深刻な境遇…かと思いきや、さすが王子。大物です。
そんな事はどうでもよく、エロい事ばかり考えていました。
そんなちゃらんぽらんな王子に、王は言いました。
「王位継承の儀が近付いている。候補の者として、ふさわしい振る舞いをするように」
平和なはずの世界に起こり始めた異変。
限られた者だけが使うことのできる力『血鳴』を使い、王家の者は直接市民を守ります。
王子が持っていた能力は………。
女の子はみんな、お姫様だと言います。
でも、そういえば、お姫様ってどういう人でしょう?
王子や騎士に守られる存在?
いえいえ…これからは、お姫様だって凛々しくないと。
いつも弟の事を構う小さな姉、マナフィーゼ。
喧嘩ばかりしている隣国の幼なじみ、みさら。
謎の多い種族の娘、シャンレナ。
そして、異世界から来たという千名希。
個性の強い姫達に囲まれ、ちゃらんぽらん王子も一緒に凛々しく変わる事ができるのでしょうか?
そして、エロいだけの王子は、恋を知る事ができるのでしょうか?

姫さま凛々しく!
姫さま凛々しく!

みさらと言うクールビューティな王女が教室の椅子に腰掛けたままオシッコをお漏らししてしまうシーンがあり。

DLsiteで買う 姫さま凛々しく!DMMで買う